あっとサロン

ようこそ、ゲストさん。

ログインする 新規会員登録する(無料)
大阪・神戸 / 理美容師の求人・就職情報 あっとSALON

Information

美容師・理容師からの一般企業への転職

コラム

2020.08.13

こんにちは

Evelitの須藤です。

本格的な酷暑となってきましたね。

新型コロナウイルスにゲリラ雷雨、酷暑と今年は散々な年ですが

気持ちだけは前向きに、今やれることを一つづつやっていきましょう。

さて、今回は「美容師・理容師からの一般企業への転職」というテーマでコラムを書いていきたいと思います。

あっとSALONでは美容師・理容師向けの一般企業への転職エージェントサービスも行っております。

この意図としては、環境的要因から美容師・理容師が続けられなくなった方へのサポートという意図が強く

積極的な他業種への転職を進めているわけでございません。

まずは結論から

①転職は計画的に!

②オセロ求人に気を付けろ!

という2点です。

まず①から説明してきます。

①転職は計画的に

一見当たり前のことかもしれませんが、一般企業への転職は思っている以上に時間が掛かります。

履歴書と職務経歴書の作成、応募企業の選定 1~2週間

書類選考1~2週間

一次面接1~2週間

2次面接1~2週間

結果通知1~2週間

どんなに早くても最低1ヵ月は掛かると思って頂いて良いでしょう。

もちろん、応募求人や自身のドライブ感によって早くなることもありますが、それ以上に、応募企業との日程調整が難航し後ろ倒しになることがほとんどです。

しかも上記は、すべての選考を一回でパスした場合ですので、2次でお見送りとなればまた3週間程度転職時期が延びていきます。

そこで最も問題となるが「お金です」

退職後の転職活動でスムーズに内定が出ても、次に給与が振り込まれるのは1カ月以上の時差があります。

また、転職時にはスーツを新調したり、引っ越しを伴ったりと思わぬ出費もかさんでいきます。

一般企業への転職は3カ月という期間とと3カ月分の生活費をある程度見立て、計画的に行いましょうね!

 

②オセロ求人に気を付けろ!

美容師・理容師からの転職は一般企業からすれば当然ですが異業種・異職種からの転職となります。

中途採用=即戦力人材の確保が企業側が求めるニーズの一方で、どの職種でも未経験となる美容理・理容師は応募段階で応募条件から外れてしまうことが多いです。大手ほど未経験のハードルは高くなります。

ただし、中途採用には「ポテンシャル採用」というものがあります。

私がいたリクルートでは部門にもよりますが、ポテンシャル採用の意識が強く、教師からNPO団体の職員、銀行、美容師と幅広く様々なバックグランドを持った方が働いていました。

過去の実績も大切ですが、その人の志向性や自社との親和性、コミュニケーション能力などを重要視し採用を進めていくのが本来のポテンシャル採用ですが、企業によっては名ばかりのポテンシャル採用も多々見られます。

悲しいかな、人を使い捨てるモデルで収益構造を立てている企業も存在しますし、そこまでの意識がないにせよ半端ではない離職率を企業文化と封をして改善しない経営者もいます。

一見、ホワイトそうな求人でも入社すると過酷な(ブラック)な求人が多々あります。

そのような求人は他の求人に比べ、驚くほど速く選考が進み、採用のハードルも低いです。

転職が上手くいっていない時期にオセロ求人の内定をもらうと即決してしまう方も多いですが

今一度冷静になり、3年5年10年というスパンで働けるのか?しっかり情報収集をして決断を下しましょう

 

 

書きたいことは山ほどありますが、今回はここまで。

採用ハードルや就業環境を考えると、上場している大手の飲食グループは結構お勧めです。

昨今の働き方改革により、並みの企業よりも休日が多く、福利厚生も手厚く、給与も初年度から良い額です。

もちろん、これまでの経験が生かせる理美容業界企業への転職が一番かもしれませんが、備考まで。

 

弊社では、理美容サロンも一般企業も同時にご紹介することができます!

理美容師向けの専門エージェントとして事前書類の作成サポートから求人提案、面接対策までワンストップで行なえます。

ぜひご活用ください→https://www.at-salon.net/member/join/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事作成

㈱Evelit 代表取締役 須藤奨太

経歴

京セラにて経営コンサルティング業務に従事

主なクラインアント、JALグループ、マツダグループ、UHAグループ等

リクルートにて大学などのマーケティング、経営戦略の立案伴走に従事

専門:経営戦略、マーケティング、人材教育